「ツタンカーメン発掘100周年記念」を公開致しました!

~ 織物が語る、エジプトからの美のメッセージ ~

1922年11月4日、イギリス人のハワード・カーターが発掘し、世紀の大発見と言われたツタンカーメン王の墓が発見されてから、ちょうど100周年の節目となる2022年。今なお、新しい遺跡が発見されたり、研究によって当時の様子が判明したりと、古代エジプトが放つ数々の魅力は、現代人の心を掴んで放すことはありません。

古代エジプトは、装飾、壁画、そして織物といった数々の美術作品の宝庫でもありました。龍村美術織物ではそうした当時の文様を研究、分析、再構築し、現代に蘇らせ、皆様のお手元にお届けしています。織り成されるデザイン一つ一つに込められた物語(ストーリー)を、見て、触れて、感じて頂ける商品を通じてご案内致します。

ロマン溢れるエジプトの”美“が詰まったアイテムを手に、ツタンカーメン王が見ていた世界に思いを馳せてお楽しみ下さい。

『ツタンカーメン発掘100周年記念』はこちら