コースター 壬生寺裂

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

コースター 壬生寺裂

Regular price
¥660 (Tax included.)
Sale price
¥660 (Tax included.)
Regular price
Sold out
Unit price
per 

工芸品としての織物を美術品の域に近づけてきた龍村美術織物。織物を構成する絹糸一本一本が描き出す世界を敷物にてぜひお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W10.0×H10.0

詳細情報

商品名: コースター 壬生寺裂
商品種別: コースター
サイズ(cm): W10.0×H10.0
関連タグ: コースター 各雑貨アイテム 和小物 壬生寺裂 敷布
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

花瓶敷やテーブルセンターよりも気軽にお使いいただける可愛らしいコースターのご紹介です。

使用している織物は、経錦(けいきん)と呼ばれ、糸の浮き沈みで色と文様を表す織物で、正倉院や法隆寺などが所蔵する古代裂に見られる織技法を用いています。当社は古代裂の復元を通してその技法を現代によみがえらせ、300余りの柄をデザインしてきました。

コースターではそのうち八種類をセレクトしてご用意しております。気軽なプレゼントとしても最適です。

文様説明

みぶでらぎれ
京の名刹壬生寺に今に伝わる壬生狂言は、正安二年(一三〇〇)三月、円覚上人によって創められたといわれます。爾来この狂言に用いられる衣装は、世々善男善女の寄進する衣裳があてられていました。
鳳凰を向いあわせて丸文にし桐花をその四方におき、立湧式の中に配した格調あるこの裂は、嘉永三年(一八五〇) に大阪屋安二郎外八名の信仰あつき人々の寄進になるもので、狂言衣裳に使用されていた壬生寺裂の一つであります。
本品は、この歴史と信仰をもつ壬生寺裂の文様を、正確に縮小し、組織を経錦として製作したものであります。(不許複製転載)