鈴付コイン入 獅噛鳥獣文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

鈴付コイン入 獅噛鳥獣文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 鈴付コイン入 獅噛鳥獣文錦
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 鈴付コイン入 獅噛鳥獣文錦

鈴付コイン入 獅噛鳥獣文錦

通常価格
¥3,080 (税込)
販売価格
¥3,080 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

使うたびにシルクの柔らかな手触りが楽しめる、龍村裂で覆われた財布。毎日、長く使うものだからこそ、こだわりの品を選びたいものです。たくさんの色、柄、形の中からお好みのデザインをぜひお探しください。

サイズ(cm):W8.0×H8.0

詳細情報

商品名: 鈴付コイン入 獅噛鳥獣文錦
商品種別: 小銭入れ
サイズ(cm): W8.0×H8.0
関連タグ: コインケース コイン入れ 和小物 小銭入れ 獅噛鳥獣文錦 財布 鈴付コイン入
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

チリンと可愛らしい音色を奏でる鈴のついた鈴付きコイン入れです。

お札入れと小銭入れが一体になっているお財布を使用していても、何かと出番の多いコイン入れ。ちょっとしたお使いにお持ちになる方もいらっしゃると思います。小さなバッグやポケットにすっぽりと入るサイズのコイン入れは、いくつあっても重宝いたしますし、その日の装いや、気分によって柄を変えるのも楽しいものです。

8×8cmと手のひらサイズですが、普段使いには十分な小銭をお入れいただけます。裏地はベージュの豚皮のバックスキンを使用しておりますので、コインケースとしてはもちろん、傷つきやすいアクセサリーを入れておくのにも便利です。鈴を取り外して丸カンにお気に入りの根付をつけていただくことも可能です。

送る方を選ばないちょっとしたプレゼントとしてもお使いいただけます。

文様説明

しかみちょうじゅうもんにしき
京都東山の高台寺に、豊臣秀吉が用いたと伝えられている陣羽織(重要文化財)が所蔵されている。
用いられた裂地は絹の綴織であり、もとは敷物か壁掛であったと思われ、十六世紀ごろペルシャ付近で織られたものと推定される。
獲物におそいかかる獅子は、シベリアのスキタイ民族特有の文様であり、文様を囲む輪郭は中世の回教文化のもの、孔雀等は印度文物の影響をうけており、またこれらの文様を巧みに綴織にする技は中国の技術であり、材料にはペルシャ特有のモール糸が使われていた。これらの文様、技術、材料を集めたこの陣羽織は東西文化の交流を実証する貴重な文化財であり、たまたまオランダ・ハーグ市のテッセン男爵所蔵の敷物にも同じ文様、同じ織方のものが発見されている。この綴織の逸品から、原本の雰囲気に出来るだけ忠実に、
異国情趣あふれる経錦を織り出した。(不許複製転載)