古帛紗 寿花文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

古帛紗 寿花文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

古帛紗 寿花文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 古帛紗 寿花文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 古帛紗 寿花文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 古帛紗 寿花文

古帛紗 寿花文

通常価格
¥5,500 (税込)
販売価格
¥5,500 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

茶道を嗜む多くの方にご愛用頂く龍村裂の品々。様々な美しい文様の織物が、今日もお茶席に華を添えています。茶道具を扱うお手元を、さりげなく、艶やかに彩る、織物の美をお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W16.0×H15.0

詳細情報

商品名: 古帛紗 寿花文
商品種別: 古帛紗
サイズ(cm): W16.0×H15.0
関連タグ: ふくさ古帛紗春の茶道具茶道具
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

カスタマーレビュー
5.0 1件のレビューより
5 ★
100% 
1
4 ★
0% 
0
3 ★
0% 
0
2 ★
0% 
0
1 ★
0% 
0
レビューを書く

レビューを送信していただきありがとうございます。

あなたの意見は大歓迎です。彼らもそれを楽しむことができるようにあなたの友人とそれを共有しましょう!

Filter Reviews:
A
2022/05/13
Anonymous
Japan Japan

風格のある美しさ

画像ではベージュに見える色が、絹織物らしい光沢によって落ち着いた金色に感じます。画像で見るより実物の方が、色合いも絞りのような立体的な質感も素敵でした。

商品説明

お茶席ではもちろん香炉の敷物などインテリアのワンポイントとしてもご利用いただけます。

茶道流派のひとつ、裏千家流などでお使いいただける古帛紗です。

文様説明

寿花文(じゅかもん)

菊は、その姿・色・香りの優れていることにより、我が国において特に愛好されてきました。その菊花と、長寿を意味する寿を配し、地には疋田鹿子をもちい、文様構成しました。 明治39年、初代龍村平藏(1876~1962)の考案による組織をもって、絞りの風韻を錦上に織り成したものです。