楊枝入 花鳥梅花文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

楊枝入 花鳥梅花文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

楊枝入 花鳥梅花文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 楊枝入 花鳥梅花文錦
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 楊枝入 花鳥梅花文錦
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 楊枝入 花鳥梅花文錦

楊枝入 花鳥梅花文錦

通常価格
¥1,650 (税込)
販売価格
¥1,650 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

茶道を嗜む多くの方にご愛用頂く龍村裂の品々。様々な美しい文様の織物が、今日もお茶席に華を添えています。茶道具を扱うお手元を、さりげなく、艶やかに彩る、織物の美をお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W9.8×H3.2

詳細情報

商品名: 楊枝入 花鳥梅花文錦
商品種別: 楊枝入
サイズ(cm): W9.8×H3.2
関連タグ: 楊枝入 花鳥梅花文錦 茶道具
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

茶席に入る時の必需品である楊枝を収納します。お茶の席ではなくてはならないものですが、普段から持ち歩き、お食事のときに使うと、よりいっそう振る舞いをエレガントに演出してくれます。帛紗や懐紙入、扇子などと同一柄でトータルコーディネートする事もおすすめ。お茶席でセンスが光る逸品です。お茶席で自身をスマートに演出する、とても粋で魅力的なアイテムです。

文様説明

かちょうばいかもんにしき
日本の染織史において、法隆寺裂のあとに現れる厖大な伝世染織群が正倉院裂と云われるものです。この原品も、その中の一つで、緑地に一見梅花と思われる六弁の花を互いの目におき、その間には瓔珞の如きものと小さい可憐な鳥を配した文様で、緑、赤、浅紅、白の配色も美しい錦であります。幡身や箱の覆、その他楽服など多くのものに用いられたのをみても奈良時代に愛用された錦の一つでありましょう。本品は往時の趣を損なうことのないよう、気品高く味わい深い経錦の織法で織り成したものであります。(不許複製転載)