誰袖バッグ 御軾鳳凰文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

誰袖バッグ 御軾鳳凰文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

誰袖バッグ 御軾鳳凰文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 誰袖バッグ 御軾鳳凰文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 誰袖バッグ 御軾鳳凰文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 誰袖バッグ 御軾鳳凰文

誰袖バッグ 御軾鳳凰文

通常価格
¥13,200 (税込)
販売価格
¥13,200 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

茶道を嗜む多くの方にご愛用頂く龍村裂の品々。様々な美しい文様の織物が、今日もお茶席に華を添えています。茶道具を扱うお手元を、さりげなく、艶やかに彩る、織物の美をお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W18.5×H11.0×D1.5

詳細情報

商品名: 誰袖バッグ 御軾鳳凰文
商品種別: 懐紙入
サイズ(cm): W18.5×H11.0×D1.5
関連タグ: 御軾鳳凰文茶道具誰袖バッグ
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

お茶席などに最適な誰袖バッグのご紹介です。衣服の袖の形に作った袋を二つひもで結び、たもと落としのようにして携帯したものです。懐紙や帛紗・扇子を入れるのにちょうど良い大きさです。二つ折れで開閉する形になっているため、出し入れがしやすくなっております。

文様説明

御軾鳳凰文錦(ぎょしきほうおうもんにしき)

原品は聖武天皇が御使用になった肘掛(軾)にはられている裂地で、葡萄唐草をめぐらした円文の中に一羽の鳳凰を織出しています。円文の中に動物を置くペルシャ式の文様構成と、中国の文様である鳳凰、そして葡萄唐草という東ローマ式の意匠とが巧みにひとつの構図をなしており、奈良時代の文化振幅を如実に物語るものといえます。文様、配色、織技のそれぞれにすぐれた緯錦です。 本品では、原品の図様を縮小し織法は経錦にして、そのもつ独得の風趣を生かした配色を工夫しました。