【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文

【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文

通常価格
¥404,800 (税込)
販売価格
¥404,800 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

文様説明

陶彩帆船文(とうさいはんせんもん)

ヨーロッパの絵本のようなノスタルジックな色彩で帆船が描かれた、古伊万里染錦五艘鉢が由来の「陶彩帆船文」。大海原に帆をたなびかせ突き進む帆船には、これから始まる新たな旅路の安寧と、門出を祝す気持ちが込められています。さらに寄せては返すリズミカルな波文様や、金糸で織り上げられた花菱文様など吉祥柄の限りを尽くし、個性的な表情を持ち合わせながらも、お祝いの席にも相応しい品格も備えています。

たつむら的コーディネート

〜陶彩帆船文(白)×白つるばみ色の八丈織〜

前と後ろの意外性で魅せる、見返り美人の遊び心

クラシカルな花菱文を優しい色彩で織り成した前柄。それとは裏腹に、二艘の帆船が描かれたお太鼓。表情の異なる姿が独創的な「陶彩帆船文」は、装いの主役にしたくなるひとすじです。品のよい柔らかな白地に、かすかにグレーみを感じる色彩で織り上げられた帯を、控えめな艶のある八丈織のきものに合わせて。色も柄も、そして艶感も抑えていながら、どこか凛とした佇まいで、着る人の存在感を際立たせます。都会の街にも違和感なく馴染み、モダンな雰囲気が漂うワントーンコーディネートです。

商品説明

龍村美術織物の袋帯は表も裏も同じ糸で織り上げられた「本袋(ほんぶくろ)」という希少な独自の織り方を行っています。帯自体に縫製の継ぎ目がありませんので、体へのフィット感に優れており、長時間お締めいただいても、ずれることなく心地良い着用感を味わって頂けます。柄付けはお太鼓となっており、合わせるきものは、訪問着、付下げ、無地、小紋、無地感覚の紬など幅広く、パーティ、会食、式典などのおめでたい席、観劇といったシーンに好適です。

※ご購入後、帯のお仕立に約3週間程お時間を頂きます。お仕立代は無料です。
※ラッピングにて「不要(箱も包装もなし)」をお選びいただいた場合は、畳紙(たとうし)にお入れしてお届けいたします。紙箱をお選びの場合は畳紙を別添えいたします。(ご不要の場合は備考欄にご記載ください。)

サイズ(cm):(お仕立時):全体の長さ…1丈1尺8寸(約4.5m) 腹紋の長さ…1尺6寸(約60cm)

詳細情報

商品名: 【WEB限定】袋帯 陶彩帆船文
商品種別:
サイズ(cm): (お仕立時):全体の長さ…1丈1尺8寸(約4.5m) 腹紋の長さ…1尺6寸(約60cm)
関連タグ: 袋帯
備考:

お客様レビュー

商品をご覧になりたい方は…

各種WEB限定帯はショールームでお手に取ってご覧頂けます。
※商品在庫が無い場合もございますので、ご来店の際には事前にご連絡下さい。
お問い合わせ

■関西店/ショールームへのアクセスはこちら [ MAP

〒615-0022
京都市右京区西院平町25 ライフプラザ西大路四条2階
075-325-5580
・営業時間:9:00~17:30
・休日:土曜日、日曜日、祝日

関東店はショールームがございませんが、事前にご予約頂ければご覧頂けます。
■関東店へのアクセスはこちら [ MAP
〒104-0042
東京都中央区入船一丁目5番11号 弘報ビル6階
03-3551-5756
・営業時間:9:00~17:55
・休日:土曜日、日曜日、祝日

龍村美術織物について

こだわり
「独創」と「復元」そして「美的感覚」、これら三要素は初代平藏より連綿と受け継がれた当社の基本精神です。織物における「美術織物」という新しい分野を確立した当社のこだわりをご紹介いたします。
歴史
古代織物の研究と復元、それを基盤としながら「美術織物」という新しい分野を確立した初代龍村平藏。現在まで一貫して、世界に美術織物の素晴らしさを発信する当社の道のりをご紹介いたします。
龍村平藏について
織物の世界に「革新」を持ち込んだ、初代龍村平藏。法隆寺、正倉院に伝わる古代裂など伝統的な織物の研究に尽力し、復元の第一人者として織物の地位を「芸術の域」にまで高めた功績の一端をご紹介いたします。