コレクション: 文様特集 小葵文(こあおいもん)

小葵文様は有職(ゆうそく)文様の典型で、すでに平安時代の「源氏物語絵巻」に見られます。 ※有職裂:朝廷など公家に関する礼式を知る人を「有職」と呼びました。その公家の礼式の場で用いられる染織品を「有職裂(ゆうそくぎれ)」と呼び、各種装束に用いられる他に、調度としても使用され、多岐にわたります。 ※こちらは解説書がつきません。

数寄屋袋 小葵文
通常価格
¥14,300 (税込)
販売価格
¥14,300 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ