コレクション: 文様特集 角倉文(すみのくらもん)

桃山時代の京洛の豪商であり、茶人でもあった角倉了以の名称に由来する「名物角倉金襴」は、一茎の花樹とそれを振り返る愛らしい兎の姿態、その足もとに土坡という 〝作り土〟の洗練された意匠であります。 原品は、萌黄地に文様を金箔であらわした金襴ですが、本品はそれに創意をくわえ、経錦にて織り成したものです。

数寄屋袋 角倉文
通常価格
¥14,300 (税込)
販売価格
¥14,300 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
懐紙入 角倉文
通常価格
¥7,700 (税込)
販売価格
¥7,700 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
半月ポーチ 角倉文
通常価格
¥6,600 (税込)
販売価格
¥6,600 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
二折札入 角倉文
通常価格
¥11,000 (税込)
販売価格
¥11,000 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
古帛紗 角倉文
通常価格
¥4,950 (税込)
販売価格
¥4,950 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
【WEB限定】テーブルランナー30 x 180 角倉文
通常価格
¥34,100 (税込)
販売価格
¥34,100 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ