コレクション: 文様特集 蓮池水鳥文緞子(れんちみずどりもんどんす)

大名物茶入 銘「本能寺」。釉薬の景色から三日月文琳と呼び、朝倉義景の所持にちなみ朝倉文琳の名があります。銘は織田信長が京都本能寺に寄進したことによります。この茶入に添えられた仕覆のひとつ、「蓮池水鳥文緞子」。この緞子は経(たて)の繻子地に対して緯糸(よこいと)にいくぶん太目の糸を用い、文様を明瞭に表現しています。流水を背景に蓮花と水鳥の姿を配した絵画的な意匠は緞子には稀な例でしょう。