コレクション: 文様特集 角龍文金襴(かくりゅうもんきんらん)

大名物茶入 銘「宗無」。名は住吉屋宗無(山岡宗無)が所有していたことからこの名がつきました。 添えられた仕覆は龍文を方形(どの角も直角の四角形)にまとめた文様をもつ角龍文金襴。この形は「角龍」「升龍」とも呼ばれます。本歌は赤色が淡茶に褪色していますが、わずかに残る色糸から鮮やかな地色を復元しました。艶のある繻子地を背景にした中国・明代期特有の華やかさを伝えています。