コレクション: 文様特集 唐招提寺裂(とうしょうだいじぎれ)

奈良の唐招提寺は唐僧鑑真を開基とする名刹ですが、原品の裂地は、当刹の校倉修理の際天井裏より発見され、調査の結果、奈良時代の錦で鑑真将来品であることが判明したものです。 文様の構成は、連珠を周囲にめぐらす八弁文と円外の菱形唐花文で、配色は地が赤、文様の輪郭はすべて黄で織り出すもので、技法の優れた経錦です。

古帛紗 唐招提寺裂
通常価格
¥4,950 (税込)
販売価格
¥4,950 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
裂裏名刺入 唐招提寺裂
通常価格
¥4,400 (税込)
販売価格
¥4,400 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
二折札入 唐招提寺裂
通常価格
¥11,000 (税込)
販売価格
¥11,000 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
皮裏名刺入 唐招提寺裂
通常価格
¥7,700 (税込)
販売価格
¥7,700 (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ
テーブルセンター 唐招提寺裂
通常価格
¥8,250から (税込)
販売価格
¥8,250から (税込)
通常価格
単価
あたり 
売り切れ