裂裏名刺入 花鳥梅花文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

裂裏名刺入 花鳥梅花文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 裂裏名刺入 花鳥梅花文錦
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 裂裏名刺入 花鳥梅花文錦

裂裏名刺入 花鳥梅花文錦

通常価格
¥4,400 (税込)
販売価格
¥4,400 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

多様なセレクトが可能な各種収納ケース。センスが表れる小物は、こだわりを持って選びたいですね。用途に応じて仕上げた龍村美術織物の一品は機能性も抜群なので、日常生活でぜひお使い下さい。

サイズ(cm):W11.0×H7.0

詳細情報

商品名: 裂裏名刺入 花鳥梅花文錦
商品種別: 名刺入
サイズ(cm): W11.0×H7.0
関連タグ: カードケースカード入れ名刺入和小物裂裏名刺入
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

とてもシンプルな形状と、伝統的な柄の数々が存在感を放ちます。名刺入れが1つ、ポケットが1つ付属しています。ビジネスでのご使用だけで無く、カードいれとしても便利で、どのようなお召し物であっても、馴染む美しさです。一目で目を引く存在感は、初対面の方とも、この名刺入れを通して新たな話題が生まれるかもしれません。

柄の持つイメージにとらわれる事なく、男女問わずどのような柄でもお選びお使い頂けます。人気の定番柄であっても、現代的な柄であっても、スマートな形状をした名刺入れが、伝統とトレンドを感じ取れるモダンなアプローチをかけています。それによって名刺入れは自信や品格に満ちた表情を持ち、変わらないエレガンスを演出します。

文様説明

花鳥梅花文錦(かちょうばいかもんにしき)

日本の染織史において、法隆寺裂のあとに現れる厖大な伝世染織群が正倉院裂と云われるものです。この原品も、その中の一つで、緑地に一見梅花と思われる六弁の花を互いの目におき、その間には瓔珞の如きものと小さい可憐な鳥を配した文様で、緑、赤、浅紅、白の配色も美しい錦であります。 幡身や箱の覆、その他楽服など多くのものに用いられたのをみても奈良時代に愛用された錦の一つでありましょう。 本品は往時の趣を損なうことのないよう、気品高く味わい深い経錦の織法で織り成したものであります。