口金付二折札入 花鳥梅花文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

口金付二折札入 花鳥梅花文錦

通常価格
¥11,000 (税込)
販売価格
¥11,000 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

使うたびにシルクの柔らかな手触りが楽しめる、龍村裂で覆われた財布。毎日、長く使うものだからこそ、こだわりの品を選びたいものです。たくさんの色、柄、形の中からお好みのデザインをぜひお探しください。

サイズ(cm):W11.0×H10.0

詳細情報

商品名: 口金付二折札入 花鳥梅花文錦
商品種別: 財布
サイズ(cm): W11.0×H10.0
関連タグ: 口金付二折札入 和小物 札入れ 花鳥梅花文錦 財布
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

二折札入はそのスマートな形状、利便性からファンが多いアイテム。シンプルな皮を使用したデザインが多い中で、龍村裂を使用した華やかで色鮮やかな口金付二折札入は存在感抜群です。最大の特徴は、がまぐちの小銭入れがついていること。手になじむ平型の金具で、開けるときは柔らかく、閉まる時はしっかりと開閉が可能です。小銭入れが独立しておりますので、札入れを開くことなく小銭を取り出せます。擦れやすい角や裏地に軽くてしなやかな牛革を使用しております。口が大きく開く小銭入れがあり、札入部位が1か所あります。またカード入れが3つ付いていますので、必要最低限のカードですっきりとお使いいただけます。時を経て自分好みになじんでいく小物は、長くご愛用いただく事でその輝きをより増していきます。

文様説明

かちょうばいかもんにしき
日本の染織史において、法隆寺裂のあとに現れる厖大な伝世染織群が正倉院裂と云われるものです。この原品も、その中の一つで、緑地に一見梅花と思われる六弁の花を互いの目におき、その間には瓔珞の如きものと小さい可憐な鳥を配した文様で、緑、赤、浅紅、白の配色も美しい錦であります。幡身や箱の覆、その他楽服など多くのものに用いられたのをみても奈良時代に愛用された錦の一つでありましょう。本品は往時の趣を損なうことのないよう、気品高く味わい深い経錦の織法で織り成したものであります。(不許複製転載)