口金付二折札入 鴛鴦唐草文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

口金付二折札入 鴛鴦唐草文錦

通常価格
¥12,100 (税込)
販売価格
¥12,100 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

使うたびにシルクの柔らかな手触りが楽しめる、龍村裂で覆われた財布。毎日、長く使うものだからこそ、こだわりの品を選びたいものです。たくさんの色、柄、形の中からお好みのデザインをぜひお探しください。

サイズ(cm):W11.0×H10.0

詳細情報

商品名: 口金付二折札入 鴛鴦唐草文錦
商品種別: 財布
サイズ(cm): W11.0×H10.0
関連タグ: 口金付二折札入和小物札入れ財布
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

二折札入はそのスマートな形状、利便性からファンが多いアイテム。シンプルな皮を使用したデザインが多い中で、龍村裂を使用した華やかで色鮮やかな口金付二折札入は存在感抜群です。最大の特徴は、がまぐちの小銭入れがついていること。手になじむ平型の金具で、開けるときは柔らかく、閉まる時はしっかりと開閉が可能です。小銭入れが独立しておりますので、札入れを開くことなく小銭を取り出せます。擦れやすい角や裏地に軽くてしなやかな牛革を使用しております。口が大きく開く小銭入れがあり、札入部位が1か所あります。またカード入れが3つ付いていますので、必要最低限のカードですっきりとお使いいただけます。時を経て自分好みになじんでいく小物は、長くご愛用いただく事でその輝きをより増していきます。

文様説明

鴛鴦唐草文錦(おしどりからくさもんにしき)

原本の錦裂は、大幡の突端の装飾として花形にたたれて用いられた緯錦であり、波行する唐草の円輪と、その中に蓮花座上に花茎をくわえて向い合う二羽の鴛鴦が、織り出されています。 地には赤の、唐草には緑・藍・黄・白・赤の彩緯を用い、輪郭を藍で括っています。鴛鴦は頭部が緑・白・藍・黄、胸が緑・白・藍・紫、尾羽が緑・白・藍・紫・黄、腹部が浅緑で、多彩華麗な錦であります。 文様構成の見事さ、美しい配色と織技の精巧さは、正倉院宝庫にある数多い錦裂の中でも優秀なる作品といえましょう。 本品は、原品の華麗さをそのままに、織法を経錦にかえて織り出したものであります。