ブックカバー 壬生寺裂

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

ブックカバー 壬生寺裂

通常価格
¥6,050 (税込)
販売価格
¥6,050 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

日常の生活のすぐ側にあるステーショナリーグッズ。ちょっとした時に使うアイテムだからこそ、上品でおしゃれなものを揃えたいものです。龍村美術織物では、あなたの暮らしに寄り添うグッズを各種ご用意致しました。

サイズ(cm):W11.5×H16.5(折り返し部分含まず・文庫本用)

詳細情報

商品名: ブックカバー 壬生寺裂
商品種別: ブックカバー
サイズ(cm): W11.5×H16.5(折り返し部分含まず・文庫本用)
関連タグ: ステーショナリーブックカバー
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

ブックカバーという普遍的なアイテムに龍村裂の伝統的な定番柄でアプローチをしています。お気に入りの本にさらに愛着がわきます。柄の持つイメージにとらわれる事なく、男女問わずどのような柄でもお選びお使い頂けます。人気の定番柄、現代的な柄、いずれも伝統とトレンドを感じ取れる商品です。ブックカバーというちょっとした小物であるからこそ、遊び心で普段とは少し違う柄を選んで冒険するのも楽しいものです。

文様説明

壬生寺裂(みぶでらぎれ)

京の名刹壬生寺に今に伝わる壬生狂言は、正安二年(一三〇〇)三月、円覚上人によって創められたといわれます。爾来この狂言に用いられる衣装は、世々善男善女の寄進する衣裳があてられていました。 鳳凰を向いあわせて丸文にし桐花をその四方におき、立湧式の中に配した格調あるこの裂は、嘉永三年(一八五〇)に大阪屋安二郎外八名の信仰あつき人々の寄進になるもので、狂言衣裳に使用されていた壬生寺裂の一つであります。 本品は、この歴史と信仰をもつ壬生寺裂の文様を、正確に縮小し、組織を経錦として製作したものであります。