古帛紗 高山寺龍文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

古帛紗 高山寺龍文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 古帛紗 高山寺龍文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 古帛紗 高山寺龍文

古帛紗 高山寺龍文

通常価格
¥3,300 (税込)
販売価格
¥3,300 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

茶道を嗜む多くの方にご愛用頂く龍村裂の品々。様々な美しい文様の織物が、今日もお茶席に華を添えています。茶道具を扱うお手元を、さりげなく、艶やかに彩る、織物の美をお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W16.0×H15.0

詳細情報

商品名: 古帛紗 高山寺龍文
商品種別: 古帛紗
サイズ(cm): W16.0×H15.0
関連タグ: ふくさ 古帛紗 茶道具 高山寺龍文
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

お茶席ではもちろん香炉の敷物などインテリアのワンポイントとしてもご利用いただけます。

茶道流派のひとつ、裏千家流などでお使いいただける古帛紗です。

文様説明

こうざんじりゅうもん
京都・高山寺に伝わる名宝の一つ、南宋時代の「不空三蔵像」肖像画(重要文化財)に描かれている椅子に掛けられた法被の文様に範を求めたものです。
古来より「龍おどる所雲あり、雲ゆく所龍ひそむ」と言われ龍と雲は一体であり、その組み合わせは世に数えきれないほど存在しています。
この図柄は雲気を亀甲文様に構成し、その中央に雄勁な情緒ある団龍文を表したもので、先人たちの優れた創造力をうかがい知ることができます。重厚な気品ただよう文様を経錦の技法により織り成したものです。(不許複製転載)