がま口印鑑ケース 壬生寺裂

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

がま口印鑑ケース 壬生寺裂

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

がま口印鑑ケース 壬生寺裂

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, がま口印鑑ケース 壬生寺裂
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, がま口印鑑ケース 壬生寺裂
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, がま口印鑑ケース 壬生寺裂

がま口印鑑ケース 壬生寺裂

通常価格
¥3,300 (税込)
販売価格
¥3,300 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

日々の暮らしを上質に演出してくれる龍村美術織物の各種雑貨。織物の美を生活空間に取り入れ、気軽に持ち歩けるアイテムをお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W12.0 × H 5.0 X D1.0

詳細情報

商品名: がま口印鑑ケース 壬生寺裂
商品種別: がま口印鑑ケース
サイズ(cm): W12.0 × H 5.0 X D1.0
関連タグ: がま口印鑑ケース各雑貨アイテム和小物
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

がま口を使用し開閉しやすい作りになっています。直径1.3cm程度の印鑑を収納可能です。内側に蓋付の朱肉もついております。裏地は汚れの目立ちにくい黒を採用しました。また丸カンのついた金具ですので、お気に入りの根付や鈴でドレスアップも可能です。

文様説明

壬生寺裂(みぶでらぎれ)

京の名刹壬生寺に今に伝わる壬生狂言は、正安二年(一三〇〇)三月、円覚上人によって創められたといわれます。爾来この狂言に用いられる衣装は、世々善男善女の寄進する衣裳があてられていました。 鳳凰を向いあわせて丸文にし桐花をその四方におき、立湧式の中に配した格調あるこの裂は、嘉永三年(一八五〇)に大阪屋安二郎外八名の信仰あつき人々の寄進になるもので、狂言衣裳に使用されていた壬生寺裂の一つであります。 本品は、この歴史と信仰をもつ壬生寺裂の文様を、正確に縮小し、組織を経錦として製作したものであります。