花瓶敷 天寿国繍兎文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

花瓶敷 天寿国繍兎文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 花瓶敷 天寿国繍兎文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 花瓶敷 天寿国繍兎文

花瓶敷 天寿国繍兎文

通常価格
¥3,300 (税込)
販売価格
¥3,300 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

繊細な糸使いが美しい織物は、さりげなくお部屋を彩ります。気軽に使えるサイズの敷物で、日常空間を上品にアレンジして頂けます。

サイズ(cm):W20.0×H30.0

詳細情報

商品名: 花瓶敷 天寿国繍兎文
商品種別: テーブルセンター
サイズ(cm): W20.0×H30.0
関連タグ: 天寿国繍兎文 花瓶敷
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

一輪挿しや香炉、置物などに最適なサイズの花瓶敷です。絹の光沢感と落ち着いた色合いが魅力です。インテリアに彩りを与える花瓶敷きは、お世話になった方へのお配り物や、気を使わないちょっとしたギフトにおすすめです。

※桐箱をご希望の方は、別途ご用意しておりますのでご用命下さい。(別料金)
⇒ 桐箱はこちら

文様説明

てんじゅこくしゅうともん
国宝「天寿国繍帳残欠」は、もと二帳の繍帷であって王妃橘大郎女が天寿国における聖徳太子往生のありさまを図にあらわし、そのありさまを采女たちに刺繍させ作らせたもので、奈良中宮寺に伝わっています。
この文様は、それをもとに月兎を中心に亀形の背に四字づつ漢字をいれた銘文「千時多至」・「部間人公」・「仏是真玩」・「皇前日啓」のある文様を配した構成にてまとめたもので、中国古代の伝説から兎が仏の宝瓶を得てよろこんでいる姿態をあらわしており、飛鳥工芸の繍技を経錦にて織り成したものであります。(不許複製転載)