楊枝入  差し込みタイプ  獅噛鳥獣文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

楊枝入  差し込みタイプ  獅噛鳥獣文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 楊枝入  差し込みタイプ  獅噛鳥獣文錦
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 楊枝入  差し込みタイプ  獅噛鳥獣文錦

楊枝入 差し込みタイプ  獅噛鳥獣文錦

通常価格
¥1,870 (税込)
販売価格
¥1,870 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

茶道を嗜む多くの方にご愛用頂く龍村裂の品々。様々な美しい文様の織物が、今日もお茶席に華を添えています。茶道具を扱うお手元を、さりげなく、艶やかに彩る、織物の美をお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W2.0×H10.5

詳細情報

商品名: 楊枝入 差し込みタイプ  獅噛鳥獣文錦
商品種別: 楊枝入
サイズ(cm): W2.0×H10.5
関連タグ: ギフト・贈り物 楊枝入 獅噛鳥獣文錦 茶道具
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

少し長い菓子切り(楊枝)を収納する、差し込み式のケースです。楊枝はお茶の席ではなくてはならないもの。楊枝入れを用意する心遣いは、なにげない奥ゆかしさが漂い、バッグの中に入れておくと、ことのほか役に立つものです。普段から持ち歩き、お食事のときに使うと、よりいっそう振る舞いをエレガントに演出してくれます。帛紗や懐紙入、数寄屋袋などと対にし楽しむのもおすすめです。お茶席で自身をスマートに演出する、とても粋で魅力的なアイテムです。

文様説明

しかみちょうじゅうもんにしき
京都東山の高台寺に、豊臣秀吉が用いたと伝えられている陣羽織(重要文化財)が所蔵されている。
用いられた裂地は絹の綴織であり、もとは敷物か壁掛であったと思われ、十六世紀ごろペルシャ付近で織られたものと推定される。
獲物におそいかかる獅子は、シベリアのスキタイ民族特有の文様であり、文様を囲む輪郭は中世の回教文化のもの、孔雀等は印度文物の影響をうけており、またこれらの文様を巧みに綴織にする技は中国の技術であり、材料にはペルシャ特有のモール糸が使われていた。これらの文様、技術、材料を集めたこの陣羽織は東西文化の交流を実証する貴重な文化財であり、たまたまオランダ・ハーグ市のテッセン男爵所蔵の敷物にも同じ文様、同じ織方のものが発見されている。この綴織の逸品から、原本の雰囲気に出来るだけ忠実に、
異国情趣あふれる経錦を織り出した。(不許複製転載)