出帛紗 太子間道

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

出帛紗 太子間道

通常価格
¥7,700 (税込)
販売価格
¥7,700 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

茶道を嗜む多くの方にご愛用頂く龍村裂の品々。様々な美しい文様の織物が、今日もお茶席に華を添えています。茶道具を扱うお手元を、さりげなく、艶やかに彩る、織物の美をお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W27.0×H28.0

詳細情報

商品名: 出帛紗 太子間道
商品種別: 出帛紗
サイズ(cm): W27.0×H28.0
関連タグ: ふくさ 出帛紗 太子間道 秋の茶事 茶道具
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

茶道流派の一つ、表千家流などで使用される出帛紗です。織りの技と文様の美しさが際立つ龍村裂の帛紗。大切な茶席用には、その席に合った出帛紗をお選びください。季節感で選んでいただいたりと、それ一つでセンスと品格が現れます。数寄屋袋や懐紙入れとお揃いの柄でお持ち頂き、トータルコーディネートもお楽しみいただけます。茶事のお供、また贈答品としてもご好評を頂いております。茶道のお稽古をしている方なら、何点あっても重宝する出帛紗。装いに合わせて、またお好みに合わせて出帛紗を選べるようにプレゼントしてみてはいかがでしょうか? また、香炉の敷物など、インテリアのワンポイントとしてもご利用いただけます。

文様説明

たいしかんどう
原品は、法隆寺の寺伝では聖徳太⼦御使⽤の裂とされていますが、何にしようされたものかは不明です。これはいわゆる間道(縞織物のこと)ではなく、経糸かすりで、⾶⿃時代に将来されたものです。
今日でも、南方のスマトラ・バリ島・スンバワの辺りで同系統のかすりが製織されており、まことに精緻な技巧を要するもので、現代のかすりよりもはるかに優れたものです。
原品のもつ、微妙で律動的な、しかも南方情緒のあふれるかすりの美的表象を、現代風に活かし、特殊な織法で製作しました。(不許複製転載)