古帛紗 グァテマラの鶏

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

古帛紗 グァテマラの鶏

通常価格
¥3,300 (税込)
販売価格
¥3,300 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

茶道を嗜む多くの方にご愛用頂く龍村裂の品々。様々な美しい文様の織物が、今日もお茶席に華を添えています。茶道具を扱うお手元を、さりげなく、艶やかに彩る、織物の美をお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W16.0×H15.0

詳細情報

商品名: 古帛紗 グァテマラの鶏
商品種別: 古帛紗
サイズ(cm): W16.0×H15.0
関連タグ: ふくさ グァテマラの鶏 古帛紗 茶道具
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

お茶席ではもちろん香炉の敷物などインテリアのワンポイントとしてもご利用いただけます。

茶道流派のひとつ、裏千家流などでお使いいただける古帛紗です。

文様説明

ぐぁてまらのとり
マヤ文明(紀元前三世紀~十五世紀)が栄えた地として有名なグァテマラ(中央アメリカ北西部の共和国)では、先住民族が儀式用にもちいる華やかな衣裳ウィピール(女性が着る貫頭衣)が多く伝わっていて、それらは各村によって織技・文様が異なり多種多様であります。そのウィピールに施された意匠に範を求めたものです。
幾何学的に簡略化された鶏文様と格子文様を石畳状に文様構成し、グァテマラ先住民の独創的な意匠の趣を、経錦の織技をもちいて織り成しました。(不許複製転載)