花瓶敷 猪目文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

花瓶敷 猪目文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 花瓶敷 猪目文
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 花瓶敷 猪目文

花瓶敷 猪目文

通常価格
¥4,400 (税込)
販売価格
¥4,400 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

繊細な糸使いが美しい織物は、さりげなくお部屋を彩ります。気軽に使えるサイズの敷物で、日常空間を上品にアレンジして頂けます。

サイズ(cm):W20.0×H30.0

詳細情報

商品名: 花瓶敷 猪目文
商品種別: テーブルセンター
サイズ(cm): W20.0×H30.0
関連タグ: 花瓶敷
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

一輪挿しや香炉、置物などに最適なサイズの花瓶敷です。絹の光沢感と落ち着いた色合いが魅力です。インテリアに彩りを与える花瓶敷きは、お世話になった方へのお配り物や、気を使わないちょっとしたギフトにおすすめです。

※桐箱をご希望の方は、別途ご用意しておりますのでご用命下さい。(別料金)
⇒ 桐箱はこちら

文様説明

猪目文(いのめもん)

神社や仏閣の扉、様々な器具の飾りの部分にみられるハート型の文様は、猪の目に形が似ていることから、猪目とよばれています。猪はその目力で、魔除け、厄除けとして祭られ、火伏せの神様の御使いであり福を司るとされています。 又、刀装飾にある柄と刀身をつなぐ目釘をおおう金具を目貫といい、時代を経て次第に刀装の中心となり、その中には猪の精緻な作例も多く見られます。 猪目を持つ装飾金具を立涌状に構成し、中央に目貫にみられる猪を配し、経錦として織り成しました。