大名物裂 出帛紗 織部波梅鉢文緞子

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

大名物裂 出帛紗 織部波梅鉢文緞子

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

大名物裂 出帛紗 織部波梅鉢文緞子

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 大名物裂 出帛紗 織部波梅鉢文緞子
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 大名物裂 出帛紗 織部波梅鉢文緞子
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 大名物裂 出帛紗 織部波梅鉢文緞子

大名物裂 出帛紗 織部波梅鉢文緞子

通常価格
$1,068.00 (税込)
販売価格
$1,068.00 (税込)
通常価格
売り切れ 残りわずか
単価
あたり 

茶入れの名器を包み飾る格調の高い織物の中でも、特に貴重なものが大名物裂と呼ばれることがあります。龍村美術織物では日本各地に残る緞子、金襴、間道、モール等といった数々の織物の中から、そのような逸品を厳選して研究、復元し、帛紗としてご用意致しました。美しい文様の織物は、お茶席に華を添えるのは勿論、ご観賞用としても格別の輝きを感じて頂けます。茶道具を扱うお手元を艶やかに彩る、大名物裂が放つ極上の存在感をぜひお楽しみ下さい。


ラッピング:ギフトラッピングサービス 対応

サイズ(cm): W27.0×H28.0

詳細情報

商品名: 大名物裂 出帛紗 織部波梅鉢文緞子
商品種別: 出帛紗
サイズ(cm): W27.0×H28.0
関連タグ: ふくさ大名物裂茶道具袱紗
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。
その他: ギフトラッピングサービス 対応

お客様レビュー

商品説明

茶道流派の一つ、表千家流などで使用される出帛紗です。

一越一越丁寧に織り上げた至極の錦を、帛紗に仕立てました。特別なお茶席にお使い頂きたい、最上の一品です。茶事のお供、また贈答品としてもご好評を頂いております。

【名物裂の復元について】
初代 龍村平藏は古代裂、名物裂などの復元を通じて、その第一人者として織物の地位を「芸術の域」にまで高めました。その精神は脈々と受け継がれ、現在に至っています。古の織物を原料から徹底的に研究して得た知識、あらゆる技法を知り尽くして得た技術。これらを駆使する織の総合力こそが、幾多の裂の復元を果たす上での礎となっています。

文様説明

織部波梅鉢文緞子(おりべなみうめばちもんどんす)

この仕覆をもつ茶入は大名物茶入 銘「松屋」といいます。 もともと松本珠報(室町時代の武士 茶人)が所持していたもの。その後奈良の松屋久政のものとなり「松屋肩衝」と称されるようになりました。 松屋は千利休とも親交があり珠光流茶道の伝承者とされ、天正15年、秀吉の北野大茶湯にも参会しています。「松屋肩衝」は徐煕(じょき)の白鷺図、存星の長盆とともに松屋三名物のひとつとして伝わり、松屋から島津家へ。その後、昭和3年に根津嘉一郎の手に渡りました。 織部波梅鉢文緞子は茶人・古田織部好みのもので文様が鮮明に織り出された、鎮静美漂う緞子です。