テーブルセンター コプト花盃文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

テーブルセンター コプト花盃文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

テーブルセンター コプト花盃文

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • Load image into Gallery viewer, テーブルセンター コプト花盃文
  • Load image into Gallery viewer, テーブルセンター コプト花盃文
  • Load image into Gallery viewer, テーブルセンター コプト花盃文

テーブルセンター コプト花盃文

Regular price
¥6,600 (Tax included.)
Sale price
¥6,600 (Tax included.)
Regular price
Sold out
Unit price
per 

絹糸一本一本が描き出す、織物世界を堪能できるテーブルセンター。お部屋にぐっと深みと格式を与える商品として、ご自宅用、贈り物用といった様々な場面でご好評頂いております。

詳細情報

商品名: テーブルセンター コプト花盃文
商品種別: テーブルセンター
関連タグ: コプト花盃文 テーブルセンター
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

あえて長く伸ばされた房糸が色とりどりに重なり合う様子は、上品な雰囲気を演出し、何度見ても飽きの来ない、お楽しみ頂けるポイントになっています。和室にはもちろん、モダンな洋室のアクセントにお使い頂ける一品です。

※房の仕様について
1号~4号サイズは解き房、5号~10号サイズは結び房となります。
※各サイズ表記(w×h,cm)は房込みの寸法となります。
なお、7号サイズ以上は常時オーダー対応となります。あらかじめ御了承下さいませ。
※桐箱をご希望の方は、別途ご用意しておりますのでご用命下さい。(別料金)
⇒ 桐箱はこちら

文様説明

こぷとかはいもん
埃及(エジプト)は世界最古の織物美術の宝庫といえます。
本品の文様は、アレキサンダー大王が埃及を征服(BC四世紀)してから、クレオパトラ女王がロマンティックな最後(BC一世紀)をとげるまでの、プトレマイオス王朝にて織られた物といわれる、有名な綴織の一断片から来ています。
銀の大盃に花を盛るのは、古代ギリシャにおいては祝意の表徴であり、周囲の葉は勝利をことほぐ月桂樹の冠をあらわすものでありましょう。(不許複製転載)