数寄屋袋 太子菱繋文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

数寄屋袋 太子菱繋文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

数寄屋袋 太子菱繋文錦

*裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。

  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 数寄屋袋 太子菱繋文錦
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 数寄屋袋 太子菱繋文錦
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 数寄屋袋 太子菱繋文錦

数寄屋袋 太子菱繋文錦

通常価格
¥14,300 (税込)
販売価格
¥14,300 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

茶道を嗜む多くの方にご愛用頂く龍村裂の品々。様々な美しい文様の織物が、今日もお茶席に華を添えています。茶道具を扱うお手元を、さりげなく、艶やかに彩る、織物の美をお楽しみ下さい。

サイズ(cm):W21.0×H15.0×D3.0

詳細情報

商品名: 数寄屋袋 太子菱繋文錦
商品種別: 数寄屋袋
サイズ(cm): W21.0×H15.0×D3.0
関連タグ: 数寄屋袋茶道具
備考: 裁断の都合で表示画像と異なる柄どりになる可能性があります。予めご了承下さい。

お客様レビュー

商品説明

お茶席に必要な小物をまとめてお入れする小物入れです。ふくさや懐紙入とお揃いでコーディネートすることができます。また個性的な柄は普段使いのサブバッグとしてお使いいただくのもおしゃれです。

見えないところにまで、こだわってお作りしています。茶道をされない方は、化粧ポーチや、バックインバックにもお使いいただけます。バラバラと鞄の中で散らばる小物をまとめておくのに調度良いサイズです。

※裏地に”たつむらオリジナルネーム”を使用。

文様説明

太子菱繋文錦(たいしひしつなぎもんにしき)

昭和56年、聖徳太子の1360年御聖諱にあたり、その法要に使用される錦幡を当社で製作いたしました。それは、現在東京国立博物館の法隆寺宝物館に保存され伝世最古の幡として貴重な、「蜀江小幡」を復元したものです。 この錦の原品は、その幡頭部及び幡頭の手に紐状で用いられており、赤・黄・薄縹・緑の地に、菱文・山形文などの幾何学文様が織り出された緯錦であります。 文様は今なお斬新で、配色の効果も見事でありますが、この度これを経錦として、いささか配色も変えて織り出したものです。